あんしん通販薬局 デメリット

あんしん通販薬局を利用する際のデメリットについて紹介します。まずは海外先との取引ということで、偽物が紛れ込みやすいという部分があります。これは、注文者と販売者との距離があるために、小さなクレームでは申し立てが少ないであろうという考えから起こります。

 

近くなら文句も言うけれども、海外相手に文句を言うほどのものではないという考えが多いことから、それなら偽物を紛れ込ませても、訴えてこないのではないかと考える人間がおり、そのために、個人輸入での取り扱いで偽物をつかまされたという情報が後を絶ちません。あんしん通販薬局で偽物を販売しているケースの報告は今のところありませんが、個人輸入と偽物の関係をイメージしてしまうことがデメリットと言えるのではないでしょうか?

 

もう一つは、あんしん通販薬局を利用して購入した商品が原因で起こってしまった損害は、すべて注文者の責任で解決する必要があります。例えば、あんしん通販薬局で買った商品を服用して、副作用で大きな障害が出たとしても、あんしん通販薬局には何ら責任はないということです。これは個人輸入を行いうえで、購入者がすべての責任を負うということを注文の時点で了承していることとなるからです。これはあんしん通販薬局を利用する上での大きなデメリットです。